Have a life outside of work.


by seagull_blade

<   2005年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『亡国のイージス』は7月末に映画が公開され、私の好きな俳優の一人、真田浩之主演ということもあり気になる映画ではある。とはいえ未だに観ていない。それではと、終戦記念日も近いこともあり、購入してみた。上下巻で700頁を超えるなかなかの大著である。
a0012892_12513880.jpg
舞台は護衛艦「いそかぜ」。この船の中で物語は進行してゆくのだが、それぞれの登場人物の持つ「過去」や「現在の生活」も丁寧に描写されている。小説の1/5はその描写に費やされている。この部分を読んでいる時は、正直、読了できるかと考えていたのだが、それは杞憂であった。

感想を一言で言えば、この1年で読了した小説の中では5本の指に入る面白さであった。読み終えることが惜しいという感覚を持てる小説を私は「面白い小説」としているのだが、本書はまさしくそれである。3日間の休日の内、ほとんど丸2日読みふけってしまった。

この手の小説はある程度、軍事的なテクニカルタームが出てくる。年少の折、パイロットになりたかった私は、航空機については、専門書の類でない限りは注釈を必要としない程度の知識はあるつもりであるのだが、艦船の知識はほとんどなく、また現在のミサイル技術、およびそれを防御する技術がどれほどのものなのかということの一端を本書で見ることができた。しかしこうした文章を書くと「ミリタリーマニアが喜びそうな小説」とレッテルを貼られそうである。

だが、本書の魅力はそんなところにはない。もちろん、そうした細部がよく書けているからこその魅力はあるが、私には「物事をどう受け取るのか」ということをエンターテイメントにしたということに最大の魅力があるように思う。

「人は見たいものしか見ない。」「物事を宿命的に受け入れると思考は停止する。」これらの言葉が、読了後頭に浮かんだ。それぞれ何処かで読んだ言葉である。塩野七生と山本七平の著作だったか。見たくない、換言すれば考えたくない事柄は、意図せずとも我々は避ける。私も含めて弱い葦である我々は目の前の事柄のうち、見たくもない・考えたくもない物事を避けるからこそ、どうにか生きることができる。とは言いながら、この受け入れがたい物事は、私とは無関係にそこにあり、見たくないから見えていない私とは無関係に事態は推進してゆく。これは克服しがたい我々の、否、余人は知らず私の弱点である。

歴史上の天才には、己の「意識的」「無意識的」なフィルターが非常に薄い者が存在したであろう。歴史は主に政治史であり、その中で活躍し、君臨する政治に携わる英雄たちは見たくない物事が見えてしまう人たちであったかも知れない。だが、そういう人々は例外中の例外である。それぞれの時代性という制約の中とはいえ、見たくないものも直視できるという天才はあらゆる天才というカテゴリーの中でも最も少ない部類に入るだろう。

だが、私や読者諸賢も含めて多くの人間はそうではない。見たくないものは見えないし、信じたくないものは信じない。それが当然であり、だからといって責められるようなことではない。

小説の手法として、超人的な人格を登場させ、活躍させるということがある。特にこの『亡国のイージス』のような、ヒーロー/ヒロインが活躍する物語はそうである。この超人的な人格は、先に記したような「フィルターの薄い」人々である。たとえば、シャーロック・ホームズやエルキュール・ポワロ、これほどまでではなくても、大沢在昌の「新宿鮫」シリーズの鮫島刑事など、枚挙に暇がない。彼らは通常人では気がつかない物事に気がつき、通常人が恐れてしまう事態に対して、とんでもない勇気を持って対処してしまう。彼らは作者の手によって、他の登場人物には見えない事柄が見える目を与えられ、見たくない現実を見据えつつ対処するだけの力が与えられている。

こうしたヒーロー/ヒロインの活躍は読者を安心させ、カタルシスを味合わせる事ができる。読み手は活躍する彼らに憧憬を感じつつ、理想化した己を重ねて活躍を楽しむ。もちろん読み手も、彼・彼女らが理想化された人々であることを承知の上で作品に酔う。

しかし、この『亡国のイージス』に出てくる登場人物たちは、こうして理想化された人格ではない。それぞれが、見たくない現実を見ないように見ないように生きている普通の人々である。それぞれに背負った現実と向き合わないようにしながらも、それでは解決にならないことをうすうす気がついている、私や読者諸賢であるところの人々である。うすうす気がついているからこそ、悩み、考え、もがきながら、どうにかこうにか次々に起こる現実に対応している姿が描かれている。

また、一見、超人的な力を持つ人々もこの物語には登場する。彼・彼女らはなんの迷いもなくその力を振るっているように読める。だが、そうした人々は「物事を宿命的に受け入れる」事で、一種の思考停止に陥っている。思考が停止しているからこそ、普通の人々が持つ恐れや迷いがなく、強大な力を振るうことができる。それゆえに、思考が再び動きだした時が、彼・彼女らが本当に現実に直面するときであり、その脆さ、危うさを露呈する。

普通の弱さを丁寧に描き、超人的な力をその思考停止に位置づけたこの物語は、多少のご都合主義を割り引いても、作者の人間への洞察力を感じさせる作品であった。
[PR]
by seagull_blade | 2005-08-23 12:53 | reading lamp

鹿島神宮探訪

居合を始めてから、性分なので色々とそれに関する歴史や周辺の知識を調べる事が多くなった。以前このブログでも記したが、筆者が学ばせていただいている水鴎流もルーツとしては、鹿島神宮の神官卜部氏の出身である「塚原卜伝」或は「卜伝流」に流祖が学んでいる。また、作家海音寺潮五郎氏によれば、「僕は日本の剣術はすべて鹿島・香取から出ていると思っている。」ということであり、少なくとも、日本の剣術の祖のひとつであることは間違いないであろう。
a0012892_1444959.gif
また、ここのところ日本の歴史、特に古代史に興味があり、いくつかの書籍を読んでみたのだが、そこには藤原氏の氏寺としての奈良「春日大社」、その源流としての「鹿島神宮」「香取神宮」が登場し非常に興味深い。これは一度鹿島神宮に詣でなくてはならないと考え、常陸国一之宮「鹿島神宮」へ詣でてきた。試験を受けるためでなく勉強するというのはとても愉快なことであるという事を、三十路を迎えようとしている現在、享受している。

東京駅からJR高速バス「鹿島神宮駅」行きに乗車する。鹿島神宮へは終点ではなくその前の「鹿島バスターミナル」で下車する。読者諸賢の中にもサッカーファンなら、このバスを利用した方がいらっしゃるかも知れない。何しろ鹿島神宮とカシマサッカースタジアムは隣接しているのである。筆者はサッカーに関しては日本代表戦をテレビ観戦する程度なので、隣接していることは現地に行くまでまったく知らなかった。運賃は東京から1,780円で、意外と安い。自分で車を出すよりも、ずっと気楽であるし、何より現地で一杯呑むことができる。飲兵衛の筆者にとっては、出張であろうと旅行であろうとその土地の酒を飲めるということが非常に大切であるので、日帰りの小旅行はできる限り自家用車を使わない。

バスを降りて、窓口で道順を尋ねると地図をプリントアウトして丁寧に教えてくれた。その通りに5分ほど歩くと鹿島神宮の入り口「二の鳥居」が見えてくる。丘そのものが神社であるという広大な境内は、どこからでも入ることができるが、折角であるので正門たる「二の鳥居」から入ることにする。なお、「一の鳥居」1.5km程度のところにある北浦湖畔の大船津という場所にある。そこまで足を伸ばしてみたかったが、酷暑のためやめておいた。尤も一の鳥居は神の門であり、人が潜るためのものではなさそうである。

二の鳥居の前には食事処や土産物屋が並んでいる。土産物屋と言えば、木刀が必ずあるが、ここでは必ず「鹿島新当流」と書いてある。シールが貼付されているものもあれば、木刀に焼印や彫ってあるものもあるようだ。各所の名勝地に行くと必ずといっていいほど木刀を売っているが案外鹿島神宮あたりがそのルーツかもしれない。

鹿島神宮はその起源を神武天皇元年に置く。つまり2600年以上歴史をさかのぼることができるということになる。ここまでくると伝説の域を出ないと筆者は考えるが、そのように伝えられている。明白になっているのは、藤原四兄弟の一人、藤原宇合(ふじわらのうまかい)が常陸国国司であった養老年間(717-723)に編纂したとされる『常陸国風土記』にその名(鹿島神郡)が見えることから、少なくとも1300年以上の歴史があるらしい。また、一説には、大化の改新の立役者の一人であり、藤原宇合の祖父である藤原鎌足はこの鹿島の祭祀を司る中臣氏出身であるという。その説に従えば、ここは正に本邦最高の名家藤原氏のルーツということになる。

二の鳥居を潜って、どういうわけか鳥居に正対せずに右手にある本殿(拝殿)にまずは参拝する。祭神は武甕槌神(タケミカズチノミコト)。以前にも記したが、古事記・日本書紀によれば、この神は経津主神(フツヌシノミコト)とともに出雲の大国主命に対して国譲りを迫り、成功させたという武神である。常識的に考えれば、武力を持って征服したということであろう。現代では武道の神ということになっているので、筆者は勿論「居合の上達」を祈念した。この本殿および拝殿は二代将軍徳川秀忠によって立てられたものとのこと。古い時代はこの拝殿も式年遷宮(しきねんせんぐう)といって伊勢神宮のように20年に一度場所を移して立て直していたらしいのだが、このときから半永久的な建物となったのであろうか?筆者は失礼ながら、ちょっとおくまで進み本殿を横から覗いてみたが、これは極彩色の見事なものであった。

その後、250mほど歩いて奥宮へ。参道は樹齢数百年、大きいものでは千年近いものもあるであろう杉の巨木に囲まれ、神聖な雰囲気を醸し出している。実際、盛夏の昼であるにもかかわらず、静かであり、涼しい。奥宮は徳川家康が造営したもので、本来は本殿として使用されていたものだが、現在は奥宮であり、武甕槌神の荒魂(あらみたま)を祀っている。その後、鯰の頭を押さえているという要石を拝見し、禊をする場所である御手洗池で少し一休み。ここには休憩処があり、蕎麦と清酒「神の池」を頂いた。さすが名水のあるところ、お酒はおいしい。「お神酒を喜ばない神はいない」とはいうものの、酔って神域を回るのも気が引けるので、一杯だけだったが・・・。

また拝殿に戻り、その前にある小さな宝物殿(こちらは現代の建物)に入る。ここでは国宝『フツノミタマ』という直刀がある。270cmを超える長大なものである。だが、もうひとつここには見学し忘れてはいけないものがある。それは悪路王の首と呼ばれる木造の仮面(?)である。ここ鹿島は「蝦夷征伐」すなわち時の朝廷による、奥州侵略の前線基地ともなった場所であるらしい。悪路王とは即ち、坂上田村麻呂と戦った蝦夷の王、「アテルイ」のことであろうか。このあたりはまた別の機会に詳しく考えてみたい。

歴史の光と影を飲み込んで、神域は静かにそこにある。塚原卜伝の書の写しという色紙を購入して、包んでくれた巫女さんの涼しげな横顔を見ながらぼんやりと考えていた。

その後は東京駅に戻り、丸の内OAZOで食事をして帰宅。色々なことを考える小旅行であった。

.
[PR]
by seagull_blade | 2005-08-10 14:44 | philosophism

精霊会

精霊会 -夏色月パラダイス-
variousmoon様のブログ「つきのくさぐさ」にて開催されているTB企画「夏色月パラダイス」に参加宣言をしたもののギリギリとなってしまった。なんとか間に合うと良いのだが。
a0012892_2346049.gif
さて、夏の月という事で、なかなか相応しいポストが思い付かない。色々考えた挙げ句、会社でもそろそろ御盆休みが目立つようになって来た事から、御盆を俎上に乗せてみようかと考えた。こじつけめくが、御盆は本来、旧暦七月十五日であり、勿論陰暦は月を基準に作られており、十五日なら必ず満月である。当然のことなのだが、三日月は三日、十六夜は十六日。太陽暦で生活しているとなかなか意識できない。

こじつかないこじつけはこのくらいにして、お盆だが、辞書を引くと「盂蘭盆会(うらぼんえ)の略」とある。語源はサンスクリット語のウラバンナであるという。ウラバンナとは「逆さ吊り」という意味であるらしい。釈尊の弟子である目連が、その神通力で母親が餓鬼道で逆さ吊り苦しんでいる姿を見、釈尊に母を救う方法を訪ねた。釈尊曰く「七月十五日に供養会をせよ」とのことであったのでその通りにしたところ、その母は極楽へ往生したということから、七月十五日に先祖の霊を迎え、供養するということを盂蘭盆会と呼ぶようになったという。

餓鬼道で苦しむ者を救うという意味においては殆ど「施餓鬼会(せがきえ)」とかわらないが、この場合は母親すなわち、近親者というところにポイントがあるのではないだろうか?ここから先祖の霊を迎えるという日本的な信仰と結びついたのであろう。仏教についてそれ程知っているわけではないが、本来、六道を巡る魂魄は死霊になどなりようが無い。なぜなら、死を迎えた次の瞬間にはまた生まれ変わってしまうからである。恨みがあろうと、心残りがあろうと関係はない。現在でもなおインドを苦しめるヒンズー教におけるカーストを巡るという意味での輪廻はには祖霊信仰的要素は無い。

ではなぜ、陰暦七月十五日なのであろうか?

先程、日本的と書いたが、御盆もまた中国/朝鮮半島経由で伝わった物である。一月十五日の上元、七月十五日の中元、十月十五日の下元の三元という考え方が道教にあり、特に日本において中元という習慣と盂蘭盆会が習合して御盆というものになったのであろう。特に七月十五日は道教においては贖罪の日として薪を炊き、神に祈る。この習合した御盆、あるいは盂蘭盆会が本邦に入ると、祖先の霊を迎え、歓待し、送りだすという行事となる。

日本においては推古天皇の時代に盂蘭盆会が始まったという。推古帝の時代と言えば、聖徳太子が活躍した時代である。梅原猛氏によれば怨霊が跳梁し、政治的陰謀が渦巻く時代であったという。子孫が殺され、祖先が祟り、それを祀り、鎮め、御霊とした時代である。盂蘭盆会ももしかするとそうした怨念を残した祖霊達を鎮魂するという為に始めたのかもしれない。

そう言えばかぐや姫も月より参り、歓待され、月に帰って行く。祖先の霊ももしかすると月からやって来て、月に帰るのであろうか?それとも、祖霊が迷わぬように月明かりが最大となる日に祖霊を迎えるのであろうか?

今年ももうすぐ御盆である。もっとも東京うまれの著者にとっては一ヶ月前となってしまった。


最後まで非常に苦し紛れの文章となってしまいました。読者諸賢には申し訳ありませんでした。そしてありがとうございました。良い夏休みを・・・。

夏の夜は未だ宵ながら明けぬるを雲の何処に月やどるらむ
(清原深養父)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
TB企画“夏色月(なついろづき)パラダイス”へのTB募集中!!

秋のお月見はとても有名ですが、
暑い夏にも、お月さまはひっそりといらっしゃいます。
夕焼け空のお月さま、うんと早起きした日のお月さま、
寝苦しい夜のお月さま、夏の蒼空のお月さま・・・。
どんな表現形態、どんな創作でもOKです。
夏の風物と取り合わせた「夏らしいお月さま」をお届け下さい!
期間は、小暑から立秋の前日まで(7月7日から8月6日まで)

トラックバックのやり方は、この記事のトラックバックURL↓
http://kusagusa.exblog.jp/tb/2077338
をコピーの上、ご自分のトラックバックしたい投稿の”編集”をクリック
→トラックバックURLにさきほどのURLをペーストして”送信”です。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by seagull_blade | 2005-08-06 23:47 | philosophism