「ほっ」と。キャンペーン

Have a life outside of work.


by seagull_blade

聖女。(Joan Osborne : St. Teresa)

20代前半、女性ボーカルしか聴かなかった時期がある。へヴィメタルが衰退し始め、高校時代から続けていたロックバンドも一段落し、大学受験も終わってなんとなく気が抜けていた頃である。学生生活にあまり適応できず、日がな一日、本を読み、酒を飲み、音楽を聴いていた。今から見ればなんとも優雅な時期ではあった。その頃(1995年)日本ではUAが独特の声で『悲しみジョニー』を歌っていた。アメリカではアラニス・モリセット、シェリル・クロウ、そしてジョーン・オズボーンというパワーのある女性ボーカルがデビューした。アラニス・モリセットやシェリル・クロウはその後順調に売れていったが、ジョーン・オズボーンはレーベル移籍の問題などで今ひとつパッとしない。だが、筆者が最も気に入って聴いていたのはそのジョーン・オズボーンのデビューアルバム『Relish』である。UAも含めて4人に共通するのは低音と中音に張りがあり、色気と気だるさが入り混じるところだと筆者は思う。その頃のなんとなく憂鬱な気分に一番合っていたのが、この4人、とりわけジョーン・オズボーンだったのだろうと思う。a0012892_19315146.jpg

歌声を飲み物に例えると、ソフトドリンク系の歌声とアルコール系の歌声があるように思う。女性ボーカルに話を限れば、前者は高音に倍音が多く含まれ(殆どギターでいうピッキングハーモニクスのようだ)、中音域と低音域があまり豊かでない声である。聴いているとコーラやレモネードを飲んでいるようで、腹は膨れるけれど全く酔う事ができない。筆者にとって音楽はある程度酔わせてくれるものでなくてはならないので、どうも今ひとつ好きになれない。では後者のアルコール系はというと、高音域は多少の倍音が含まれるが、最も伸びやかなのは中音域で、低音にもある程度の潤いがある声である。筆者の感覚からすると、高音域の倍音が多く含まれていれば、華やかになり、ロングカクテルに例えることができる。また、高音域の倍音が少なく、どちらかといえば中音域から低音域が強い声なら、甘味が少なくアルコールの強いショートカクテルのようである。さらに低音域に潤いがあり、力強ければウイスキーのようなハードリカーに例えられるのではないだろうか。シェリル・クロウやアラニス・モリセットはロングからショートカクテルだが、ジョーン・オズボーンはウイスキーの声を持っている。

『St. Teresa』(セント・テレサ)は前述したデビューアルバム『Relish』の冒頭に収録されている曲である。夜の歌である。決して昼間に聴くような曲ではない。緊迫感のあるリズムへセクシーなベースが絡み、その上をジョーン・オズボーンのアルコール度数の高い声が流れる。本人がインタビューで語っているが「夜のニューヨークの街角にある恋の物語」である。とは言え、甘いだけの物語ではない。むしろ悲痛な物語である。「子持ち売人の女性に恋をする男の告白」という形で歌われる。インタビューで語られていた通り、本当に日常的な事なのだろう。日々を生きるためにドラッグと売春にまみれている女性を、主人公の男は「聖テレサ」と呼ぶ。そして、その女が立つ辻を「Corner St. Teresa」と名付け、男にとっては特別の場所になっている。そんな恋心を破滅的ドラッグに絡めてジョーン・オズボーンは歌い上げる。女性自身も中毒なのだろう「聖テレサ」は聖女であるが、ローマのサンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会にあるベルニーニの「聖テレサの法悦」が知られているように、エクスタシーを連想させる聖女である。

きっと恋の行き先は苦しみが待っているだろう。決して幸福にはなれないだろう。それでもなお、愛しさを募らせるこの男の心情を歌うこの曲の方が、世の幸福な恋心を歌った曲よりも遥かに筆者は共感できる。どれほどの悪女であってもどんな悪所に身を沈めた女であっても、惚れてしまえば聖女に見える。

そういう物語を例のウイスキー・ボイスで歌い酔わせてくれるジョーン・オズボーンはもう少し評価されてもいいシンガーなのではと筆者は思っている。

Just what I been needin', feel it rise in me.
She said, "Every stone a story, like a rosary."
[PR]
by seagull_blade | 2004-07-23 10:37 | musique