Have a life outside of work.


by seagull_blade

稽古道具。

当然のことではあるが、居合稽古にも道具が必要である。とは言え、それほど値の張るものが必要なわけではない。勿論、凝りだせばきりがない世界なのだが、今回は居合稽古に使う刀の話をしたい。

先日の稽古で、筆者の刀が折れてしまった。丁度下から逆袈裟に斬り上げる技の最中に「カシャーン」という音とともに刀身が飛んでいった。筆者の刀は真剣ではなかったが、模擬刀といっても、要するに刃物の形をした金属なので、誰かに当たれば下手をすると死んでしまう。幸いにも誰もいない方向だったのでよかったが、誰かいたらと思うとぞっとする。
a0012892_1135676.jpg

ところで筆者は真剣を使っていない。理由は色々あるのだが、やはり筆者の腕では危険であるのと、それなりに高額(30万円~)なので、もう少し腕が上がってからと考えている。真剣でなければ何を使うかというと、模擬刀と呼ばれるものである。銃刀法では刀剣を所持するのに特別な資格は必要ないが、真剣の場合は登録証が必要となる。模擬刀については真剣ではないので登録証などは必要ない。また、正確な定義は把握していないが、一般的に言って、模擬刀は美術用と武道稽古用に大別できる。前者はお土産用や端午の節句の飾りなど純粋にディスプレイ用であり、後者は居合や物によっては剣道形の稽古に使われる。(勿論ディスプレイしても良い)また後者は居合刀(いあいとう)と呼ばれることが多い。居合刀の価格は大体20000円から、高いもので10万円強というところか。

どこが異なるかというと、まずは柄の素材である。美術用は柄の部分がプラスチックや樹脂製が多く、実際に振った際に発生する力に耐えられない。やってみたことは無いが、柄そのものが曲がったり、刀身が外れてしまうことがあるようだ。居合刀は、刀の価格によって色々あるが、柄は本物同様木製である。朴を使うことが多いようである。また、柄に巻く鮫皮も本物であることが多い。こちらはほぼ真剣同様に作成されているので、稽古に使用することができる。

次に刀身だが、これは美術用、居合刀ともに亜鉛合金である場合が殆どである。磁石が付く位の鉄を含むと銃刀法に引っかかるため、亜鉛合金のダイキャスト製が多い。ダイキャストとは鋳型のことである。筆者が子供の頃に遊んだ「超合金」の玩具は大体これで作られている。また居合刀は同じ亜鉛合金でも、より高温で処理でき、加工精度の上がる砂型を使用する場合が多い。この場合は多少硬度が上がるらしいが、居合刀は基本的に打ち合うようには出来ておらず、それをやれば当然、折れたり曲がったりする。(筆者の折れた居合刀でも打ち合ったり、何かを斬ったことは一度も無い)
特殊合金と表示されているケースも多いが基本的には亜鉛合金と考えて良いらしい。

拵(こしらえ:外装のこと)については完全に価格に依存する。というよりも居合刀の価格は殆ど、この拵で決まってしまう。高いものでは真剣に使用するものを使うが、廉価なものでは、見るからにチャチなものもあって、迷うところである。拵は大体、柄、柄巻き、目貫、鍔、切羽、はばき、鞘、金具などから構成されており、幾らでも凝ることが出来る。特に鍔や目貫(グリップを良くするための金具)についてはそれだけで独立した美術品が多く、専門のコレクターもいるくらいである。

筆者は居合刀をこれで合計二振り折っており、また今回のケースではたった半年間の稽古で折れてしまっていたので、何らかの対策を打たねばならない。武道具店に相談したところ、「折れた箇所を見ると捻りながら抜いているので、亜鉛合金ではきっとまた折れてしまう。より折れにくい真鍮削り出しが良いでしょう。」とのこと。真鍮削り出しの居合刀は剣道形など、多少の打ち合いにも耐えるものだそうである。もっとも、真鍮とて亜鉛と銅の合金ではあるのだが。

拵は無事だったので、刀身のみ新調することにした。ところで、真鍮の欠点は重いことである。筆者は大体鞘を払って900g~1000gのものを使っているのだが、真鍮刀身の刀を持たせてもらったところ、これがやたらと重い。1200gあるという。実際、100g、200gの差でも技に影響が出るほどに違う。少なくとも筆者は出来上がりが1100gを超えるような刀は手に余るので、どうにか1050g以下にしてもらうようにお願いした。刀身に樋(ひ)と呼ばれる溝を掘って軽くするなどこのあたりも色々な工夫がある。

「一から削りだすので、メッキはどうしますか?」ということだったので「長光」のメッキをお願いした。何の話かと言えば、刃紋についてである。日本刀の刃部には刃紋と呼ばれる模様がある。これは刀工が刀の製作の過程でつけるもので、真っ直ぐなものや波型のものなど、刀工やその流派、作成時期によって大体決まっている。有名なところでは「関の孫六‘三本杉’」などがある。真剣と異なり、模擬刀の刃紋はメッキで処理される。

なお、居合刀は曲がりはするが、そう簡単に折れるものではない。先生や先輩方に聞いてみても、一度も折ったことはないとのこと。やはり筆者の腕に問題があるらしい。精進しなければ。しばらくは刀の出来上がりを楽しみに、木刀を振ることにしている。

――
(筆者の居合刀の情報をご興味のある方のために)
刃長:二尺四寸(約74cm) 刃紋:長光写し 柄巻:黒綿片手巻き 鍔:二つ九曜象嵌
重量:1050g 鞘:黒石目 金具:柳 目貫:軍馬 
[PR]
by seagull_blade | 2006-07-26 11:06 | swordplay