「ほっ」と。キャンペーン

Have a life outside of work.


by seagull_blade

古武術への誘い

当然のことではあるけれど、物事は知れば知るほど、安易に語ることが出来なくなる。深く知らなければ、偏見に基づいて断定的に語ることが出来る。それゆえに断定的かつ一方的に書かれた文章は、何らかの偏見や無知に基づいていると判断できる。知ることとはつまり、情報量の増加であって、多く情報を持っていると、ある事柄を肯定的に書こうとしてもすぐにその反証が思いついてしまう状態である。少なくとも誠実に文章を書こうとすれば。さて、長々と書いたが、最近このブログに居合の話をあまり書かなくなってしまった言い訳である。せっかく作ったカテゴリを放っておくのも勿体無いので、筆者にとっての「古武術を稽古することの意味」というか位置づけを書いてみたい。筆者は居合が大好きなので、この雑文を読んで、やってみたいと思っていただける方がいれば、望外の喜びである。
a0012892_0491252.gif
筆者にとって古武術といえば水鴎流である。本邦には多くの武術の流派があるが、その中から縁あって水鴎流の門を叩かせていただいた。たった2年前のことではあるが。
事前の知識は一切なく、たまたまインターネットで見つけたというまったくの偶然である。袖触れ合うも他生の縁、ということでこの縁を大切にしたいと考えているし、水鴎流そのものや門下の方々の魅力もあって、ずっと水鴎流を稽古させていただくつもりである。勿論、様々な流派の方が自分の流派を大切にしていることと同じことであり、どの流派が優れているということではない。

では、その水鴎流が筆者にとってどのような存在であるかということだが、まず、第一に日常を離れ、雑念を忘れることの出来る世界であり、時間である。こうかくととてもカッコ良さそうだが、要するに、仕事をはじめほかの事を一切考えない時間であり楽しみの場であり、すなわちストレス解消のできる趣味ということである。当然、それが競馬という人もいるだろうし、カラオケやダーツという人もいるだろう。居合が筆者の嗜好に合っていると思うところは、何しろ人殺しのための武器をあつかい、そのための技術であったものを学ぶのだから、否応も無く集中できてしまうことである。集中しなければ、大怪我をするかもしれないし、下手をすれば死に至ることもある。そのある種の緊張感は却って、日常の雑事を忘れさせ、ストレスを解消してくれるように筆者は思う。

第二に健康管理という面である。ダイエット効果とでも言おうか。筆者は何しろ、油断するとすぐに太る体質で、2年前までは20代後半のくせに毎年健康診断に引っかかるという体たらくであった。ダイエットをせねばという思いはいつもあったのだが、根が怠け者のせいで「痩せる!」という動機では継続して運動がなかなか出来なかった。居合を習い始めたそもそもの切欠というと、筆者の場合、何とダイエットである。高校時代に柔道部に所属していたこともあって、武道が好きであることは気付いていたのだが、社会人となると、そうそう怪我をするわけにもいかない。筆者はIT業界で生計を立てているので、突き指など以ての外である。そして考えた結果が居合であった。居合なら形稽古中心なので、そう怪我することもあるまいと考えたわけである。実際、居合は滅多に怪我をしない。(怪我をするときは取り返しのつかない大怪我であったりもするのだが・・・)2年後、体脂肪率は25%から17%以下となった。

第三に「古の残り香を感じる」という楽しみがある。実際に刀を帯刀し、稽古の相手や仮想敵(基本的には自分自身を想定する)と対峙し、刀を振るう時、かつての真剣勝負が垣間見られる気がする。この自分自身が、この刀を持って敵と戦うときどういう気持ちになるのか。それを想定するということも楽しみの内である。現実には無い、否、あってはならないシチュエーションに想像の世界ではあるが身を置いてみる。そうすると日常の雑事がつまらないことに思える「ことがある。」筆者のような若輩者ではそういう気がするに過ぎないけれども。

第四に立居振舞いや作法を覚える場ということが挙げられる。和服を着る機会のほとんどない現代においては、三つ指の突き方や正座からの立ち上がり方、袴のはき方や捌き方を覚える場所がほとんどない。「無用なものだ」と言ってしまえばそれまでだが、楽しみの幅が増えればそれだけ生活を楽しむことができるし、折角、日本で生活しているのなら、こうしたことに触れないのは勿体無いと思ったりもする。因みに、居合や古武術を稽古されている方には外国の方も多い。

最後に、こうした日常とは切り離された世界には、日常では知り合うことのない人々との出会いがある。ビジネスの世界の出会いもエキサイティングであったり、楽しく、今後の生活の糧となるものだが、非日常の世界の出会いは本当に、職業や利害関係とは縁のない人との出会いがある。これが最大の楽しみの一つであるのかもしれない。

仕事以外にこういう世界を自分の中に持っていると、何より、よりどころになるし、精神的にも肉体的にもバランスがとりやすいと筆者は考えている。仕事や雑事で行き詰ったときにも、静かに正座して帯刀するとき、別の世界に入ることが出来る。筆者にとって、水鴎流居合剣法を稽古するとはそういうことであると今は考えている。

もしも興味を持っていただけたら、是非、見学でも如何だろうか。

乱文乱筆平にご容赦。特に門下の諸先輩方、乞うご容赦、である・・・。
[PR]
by seagull_blade | 2005-11-24 00:49 | swordplay