Have a life outside of work.


by seagull_blade

精霊会

精霊会 -夏色月パラダイス-
variousmoon様のブログ「つきのくさぐさ」にて開催されているTB企画「夏色月パラダイス」に参加宣言をしたもののギリギリとなってしまった。なんとか間に合うと良いのだが。
a0012892_2346049.gif
さて、夏の月という事で、なかなか相応しいポストが思い付かない。色々考えた挙げ句、会社でもそろそろ御盆休みが目立つようになって来た事から、御盆を俎上に乗せてみようかと考えた。こじつけめくが、御盆は本来、旧暦七月十五日であり、勿論陰暦は月を基準に作られており、十五日なら必ず満月である。当然のことなのだが、三日月は三日、十六夜は十六日。太陽暦で生活しているとなかなか意識できない。

こじつかないこじつけはこのくらいにして、お盆だが、辞書を引くと「盂蘭盆会(うらぼんえ)の略」とある。語源はサンスクリット語のウラバンナであるという。ウラバンナとは「逆さ吊り」という意味であるらしい。釈尊の弟子である目連が、その神通力で母親が餓鬼道で逆さ吊り苦しんでいる姿を見、釈尊に母を救う方法を訪ねた。釈尊曰く「七月十五日に供養会をせよ」とのことであったのでその通りにしたところ、その母は極楽へ往生したということから、七月十五日に先祖の霊を迎え、供養するということを盂蘭盆会と呼ぶようになったという。

餓鬼道で苦しむ者を救うという意味においては殆ど「施餓鬼会(せがきえ)」とかわらないが、この場合は母親すなわち、近親者というところにポイントがあるのではないだろうか?ここから先祖の霊を迎えるという日本的な信仰と結びついたのであろう。仏教についてそれ程知っているわけではないが、本来、六道を巡る魂魄は死霊になどなりようが無い。なぜなら、死を迎えた次の瞬間にはまた生まれ変わってしまうからである。恨みがあろうと、心残りがあろうと関係はない。現在でもなおインドを苦しめるヒンズー教におけるカーストを巡るという意味での輪廻はには祖霊信仰的要素は無い。

ではなぜ、陰暦七月十五日なのであろうか?

先程、日本的と書いたが、御盆もまた中国/朝鮮半島経由で伝わった物である。一月十五日の上元、七月十五日の中元、十月十五日の下元の三元という考え方が道教にあり、特に日本において中元という習慣と盂蘭盆会が習合して御盆というものになったのであろう。特に七月十五日は道教においては贖罪の日として薪を炊き、神に祈る。この習合した御盆、あるいは盂蘭盆会が本邦に入ると、祖先の霊を迎え、歓待し、送りだすという行事となる。

日本においては推古天皇の時代に盂蘭盆会が始まったという。推古帝の時代と言えば、聖徳太子が活躍した時代である。梅原猛氏によれば怨霊が跳梁し、政治的陰謀が渦巻く時代であったという。子孫が殺され、祖先が祟り、それを祀り、鎮め、御霊とした時代である。盂蘭盆会ももしかするとそうした怨念を残した祖霊達を鎮魂するという為に始めたのかもしれない。

そう言えばかぐや姫も月より参り、歓待され、月に帰って行く。祖先の霊ももしかすると月からやって来て、月に帰るのであろうか?それとも、祖霊が迷わぬように月明かりが最大となる日に祖霊を迎えるのであろうか?

今年ももうすぐ御盆である。もっとも東京うまれの著者にとっては一ヶ月前となってしまった。


最後まで非常に苦し紛れの文章となってしまいました。読者諸賢には申し訳ありませんでした。そしてありがとうございました。良い夏休みを・・・。

夏の夜は未だ宵ながら明けぬるを雲の何処に月やどるらむ
(清原深養父)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
TB企画“夏色月(なついろづき)パラダイス”へのTB募集中!!

秋のお月見はとても有名ですが、
暑い夏にも、お月さまはひっそりといらっしゃいます。
夕焼け空のお月さま、うんと早起きした日のお月さま、
寝苦しい夜のお月さま、夏の蒼空のお月さま・・・。
どんな表現形態、どんな創作でもOKです。
夏の風物と取り合わせた「夏らしいお月さま」をお届け下さい!
期間は、小暑から立秋の前日まで(7月7日から8月6日まで)

トラックバックのやり方は、この記事のトラックバックURL↓
http://kusagusa.exblog.jp/tb/2077338
をコピーの上、ご自分のトラックバックしたい投稿の”編集”をクリック
→トラックバックURLにさきほどのURLをペーストして”送信”です。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by seagull_blade | 2005-08-06 23:47 | philosophism